日本シェーグレン症候群学会

携帯サイトはこちら
トップ > ニュース

2016年度日本シェーグレン症候群学会学会賞・奨励賞・功労賞が受賞者が決定いたしました。

[2016年09月13日]
 
第八回日本シェーグレン症候群学会賞受賞者
受賞者:山本 元久 先生 
札幌医科大学医学部免疫・リウマチ内科学 講師
  研究題目:シェーグレン症候群からのミクリッツ病の疾患独立性の確立と臨床への展開
 
 
第十回日本シェーグレン症候群学会奨励賞受賞者と論文
●受賞者:浅島 弘充先生(筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー) 講師))
受賞論文
タイトル:The anergy induction of M3 muscarinic acetylcholine receptor-reactive CD4+ T cells suppresses experimental sialadenitis-like Sjögren's syndrome.
著者名:Asashima H, Tsuboi H, Takahashi H, Hirota T, Iizuka M, Kondo Y, Matsui M, Matsumoto I, Sumida T.
雑誌名、年度、巻、頁:Arthritis and Rheumatology.2015 67(8):2213-2225

●受賞者:山田 安希子先生(徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔分子病態学分野 助教)
 受賞論文
タ イトル:Impaired expansion of regulatory T cells in a neonatal thymectomy-induced autoimmune mouse model.

著者名:Yamada A, Ushio A, Arakaki R, Tsunematsu T, Kudo Y, Hayashi Y, Ishimaru N.
雑誌名、年度、巻、頁:The American Journal of Pathology.2015 185(11):2886-2897
 
●受賞者:秋山 光浩先生(慶應義塾大学医学部内科学教室(リウマチ) 助教)
 受賞論文
タ イトル:Number of Circulating Follicular Helper 2 T Cells Correlates With IgG4 and Interleukin-4 Levels and Plasmablast Numbers in IgG4-Related Disease.
著者 名:Akiyama M, Suzuki K, Yamaoka K, Yasuoka H, Takeshita M, Kaneko Y, Kondo H, Kassai Y, Miyazaki T, Morita R, Yoshimura A, Takeuchi T.
雑誌名、年度、巻、頁:Arthritis Rheumatol.2015 67(9):2476-81 156(1):9-18
 
 
第八回日本シェーグレン症候群学会功労賞 

受賞者:国立病院機構東京医療センター 名誉院長 東條 毅先生