日本シェーグレン症候群学会

携帯サイトはこちら
トップ > ニュース
[ 一覧 | 前のニュース | 次のニュース ]

故 菅井 進先生の顕彰を掲載いたしました。

[2019年07月29日]

菅井先生の顕彰

日本シェーグレン症候群学会の前身であるシェーグレン症候群研究会を設立され、初代の代表世話人を務められた菅井進先生が201610月に逝去されました。菅井先生は我国のシェーグレン症候群研究の第一人者であり、長年にわたりシェーグレン症候群の診療と研究を続けられるとともに、患者組織であるNPO法人シェーグレンの会・日本シェーグレン症候群患者の会の立ち上げにも尽力されて啓蒙に努めてこられ、この領域に多大な功績を残されました。
日本シェーグレン症候群学会は、菅井進先生のこれまでの功績を称え、「名誉顧問」の称号を付与し、学会ホームページ上において顕彰いたします。

20189 

日本シェーグレン症候群学会
理事長 竹内 勤

*************************************************************************************************

菅井 進(すがい すすむ)菅井 進

 

日本シェーグレン症候群学会 名誉顧問

 

経歴

19382月生まれ(京都府福知山市出身)

1963 京都大学医学部卒業

1969 京都大学大学院医学研究科博士課程修了

1972 米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校 内科シニアレジデント

1974 金沢医科大学 血液免疫内科講師

1976 金沢医科大学 血液免疫内科助教授

1995 金沢医科大学 血液免疫内科教授

2003 金沢医科大学 血液免疫内科教授(嘱託)

            金沢医科大学 名誉教授

            久藤総合病院 院長(内科)

20161019日逝去(享年78歳)

 

委員・役員歴

1982  日本臨床血液学会  評議員

1983  日本アレルギー学会  評議員

1985  日本血液学会  評議員

1986  日本リウマチ学会  評議員

1988  日本臨床免疫学会  評議員

1988  日本免疫学会  運営委員

2000  日本臨床血液学会  幹事

 

8回国際シェーグレン症候群シンポジウム(ISSS)会長(金沢市、2002年)

シェーグレン症候群研究会(現シェーグレン症候群学会)元代表世話人

日本シェーグレン症候群患者の会 顧問代表

NPO法人シェーグレンの会 名誉理事長

IgG4研究会 特別顧問

 

受賞

9回北国がん基金研究活動助成賞(1995年) 

1回日本シェーグレン症候群学会功労賞